Blog

Seiji Akatsuka

ShifterでMedia CDN機能のパブリックベータ版を公開しました

Media CDN機能は、画像などのメディアファイルをShifterが提供する外部の保存環境に自動でオフロードできる機能です。

従来のWordPressでも、プラグインを活用して大量の画像ファイルなどをAmazonS3のような外部のオブジェクトストレージにオフロードすることがありますが、プラグインやストレージの権限設定などが難しく感じる方もいらっしゃいました。

今回のベータ版リリースでは、Shifterの管理画面でMedia CDN機能を有効化するだけで、自動的にストレージ環境のセットアップからメディアの移行まで行われますので、サーバーサイドに詳しくない方でも安全で気軽にご利用いただけます。

すでに無料プランを除く全てのTierプランでご利用いただけますので、ぜひお気軽におためしください。

主なメリット

  • Shifterでの静的化処理の短縮
  • バックアップ時間の短縮(自動バックアップ機能をご利用ください
  • WordPress管理画面のパフォーマンス向上
  • WordPress上のストレージ容量の削減
  • メディアファイルを可用性 99.999999999% のAmazon S3に自動で保存できる
  • Netlifyなど外部環境へのデプロイ時にも画像のパスが保持しやすい

使ってみよう

使い方はとても簡単です。

Site一覧ページからMedia CDN機能を有効にしたいSiteのSettingsページに移動

Site > Settings

Media CDN (Public Beta) と書かれた項目で、「Enabled」をクリック

Media CDN section

Start WordPress をクリックしてWordPressを起動

Start WordPress

Media 一覧で、登録しているMediaが表示されるまでしばらく待つ

しばらく待つ

Mediaのパスが「https://cdn.getshifter.co/{Unique-ID}/」となっていることを確認

変更前のパス

変更前

変更後のパス

変更後

もちろんメディアの編集や追加も従来通り可能です。

画像の編集

ご案内

Media CDN機能を無効にする場合、事前に Export Media Library プラグインを利用してメディアのバックアップをダウンロードしてください。
Media CDN機能の無効化後はファイルが削除されますのでご注意ください。

その他の詳細はShifterの公式サポートドキュメントをご参照ください。
https://support.getshifter.io/en/articles/3506779

Shifterは今後も次世代のWordPressホスティングとして、Webメディアに関わるあらゆる皆さまをハッピーにできる機能を開発していきます。
ぜひ今回の機能をお試しいただき、SNS (#JP_Getshifter) やチャットサポートまでフィードバックをお寄せください!

Shifter Advent Calendar 2019好評連載中!

Shifter Advent Calendar 2019はライター・デザイナー・ディレクター・デベロッパーなどなど、様々なユーザーの皆さんによるブログを毎日更新中です!
https://qiita.com/advent-calendar/2019/getshifter
Shifterの基本的な使い方からチュートリアル、スタティックサイト ジェネレーターを使うためのTipsまで幅広い記事が満載です。
Shifterを使ったことがない方も楽しめる内容ですのでぜひご覧ください。

それでは!

Share on facebook
Share on twitter