About Us

会社案内

社名株式会社デジタルキューブ
社名(英語)DigitalCube Co. Ltd.
代表代表取締役社長 小賀 浩通
役員取締役 クラウドサービス部長 岡本 渉
取締役 プロダクトサービス部長 太田 樹
取締役 管理部長 和田 拓馬
取締役 立花 拓也
執行役員 人材開発室長 恩田 淳子
設立2006年11月17日
資本金5,450,000円
主要取引銀行​三井住友銀行
神戸信用金庫
事業内容1. ホスティング事業
2. 自社プロダクト事業
3. 受託開発・コンサルティング事業

事業内容を詳しく見る
所在地本社
〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通5番地商船三井ビル

埼玉
〒362-0014 埼玉県上尾市本町3-2-11 h-02

長岡
〒940-0055 新潟県長岡市袋町1丁目 1081−22-503

仙台
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央 2-7-30 角川ビル411

DigitalCube.Inc.
8721 Santa Monica Blvd, #844 Los Angeles CA 90069 USA
URLhttps://www.digitalcube.jp
Mailinfo@digitalcube.jp
marker
兵庫県神戸市中央区海岸通5番地 商船三井ビル

神戸本社
〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通5番地 商船三井ビル
JR神戸線 元町駅 東口 より徒歩 8分

組織図

認定・提携パートナー

Amazon Web Services

ISVパートナー

AMIMOTO とShifter は、AWS ファンデーショナルテクニカルレビュー(FTR)を経て、「AWS ISV Partner」に認定されました。

Stripe

エキスパートサービスパートナー

オンライン決済システム「Stripe」のパートナーネットワークの一員です。

HubSpot

パートナー

カスタマーサポート・顧客管理システム「HubSpot」のパートナーネットワークの一員です。

Shopify

パートナー

ネットショップ構築・運用ツール「Shopify」のパートナーネットワークの一員です。

AWS パートナーネットワーク / ソフトウェアパス認定

パートナーパス

ソフトウェアパス

AWS 上で実行するまたは AWS と統合するソフトウェアを開発している AWS パートナー向けのパスです。

パスステージ

DIFFERENTIATED

パートナーパス

3種の認定

これまで AWS と WordPress を活用してきた多くの実績から、AWS パートナーネットワークとして3種の認定を受けています。

AWS パートナーネットワーク

Amazon Linux Ready
Marketplace Seller
Qualified Software

アマゾン ウェブ サービス( AWS )認定エンジニアによる開発・運用

AWS認定エンジニア

メンバーが保有する資格

デジタルキューブにはアマゾン ウェブ サービス( AWS )認定エンジニアを取得したメンバーが多数所属し、開発や運用を行なっています。

AWS 認定メンバー

AWS Solution Architect Professional2名
AWS DevOps Engineer Professional2名
AWS Solution Architect Associate2名
AWS SysOps Administrator Associate2名
AWS Developer Associate2名
AWS Cloud Practitioner1名

沿革

2006.11デジタルキューブ創業
2009.01WordPress 公式ディレクトリに有料テーマを日本で初めて掲載
2009.10WordCamp 京都 オーガナイズ & 初スポンサー出展
2011.05WordPress 運用保守サービス提供開始
2012.08AMIMOTO AMI 開発 アジアで初めてAmazon Market Place に出品
2012.12Amazon Partner Network コンサルティングパートナー資格取得
2013.05StaticPress プラグイン提供開始
2014.10AMIMOTO マネージドホスティング提供開始
2014.10海外 WordCamp に初スポンサー出展 (WordCamp San Francisco 2014)
2016 .06WordCamp EU 初スポンサー出展
2016 .12Shifter ローンチ
2021 .08LabWorks ローンチ

会社紹介資料

株式会社デジタルキューブにご興味をいただいた方向けに、デジタルキューブのプロダクトやカルチャーについてご紹介するために資料になります。